工学の原点に帰ろう
niigata university
   top > 100人力ネットワーク > 平成21年10月03日100人力ネットワーク会議
初動からの工学教育 実践的工学キャリア教育 創造性を目指すものづくり教育 100人力ネットワーク 技術連携による工学力のたまご 対談 センターについて センターについて
   
100人力ネットワーク

19年度100人力ネットワークの会議
20年度100人力ネットワークの会議
20年度100人力ネットワークの会議A
21年度100人力ネットワークの会議@
21年度100人力ネットワークの会議A
22年度100人力ネットワークの会議@
22年度100人力ネットワークの会議A
24年度第1回教育・学習成果発表会
24年度第2回教育・学習成果発表会
25年度第1回教育・学習成果発表会
25年度第2回教育・学習成果発表会
26年度第1回教育・学習成果発表会
26年度第2回教育・学習成果発表会
27年度第教育・学習成果発表会

100人力ネットワーク
100人力ネットワーク 100人力ネットワーク
平成21年 10月3日 100人力ネットワークの会議
 今年度で2年目になる教育GPの第1回成果発表会を、2009年10月3日(土)、新潟市のチサンホテル&コンファレンスセンター新潟にて開催しました。この発表会の中で、100人力ネットワークの会議と、 工学部7学科が半年間それぞれに工夫を凝らして取り組んできた「工学リテラシー入門」の成果発表を行い、その後、今回初の試みとしてポスターセッションを実施、 100人力ネットワークの皆様から貴重なご意見をいただきました。1年生対象のプログラムに4年生が指導的立場で参加するこの科目では、学科によって、さらにそのグループによっても成果は様々で、 「4年生と1年生、経験の差が自信の差になっていて、それが1年生に刺激を与える」、 「1年生は“何のためにそれをやるのか?”という目的を忘れがち」、 「結果が思い通りに行かず、4年生のほうが困っていた」、 「教える立場になるのは大変。分かっているつもりで分からないことがたくさんあった」など、教員や学生からは様々な感想が出されました。 この教育GPの成果が問われるのはまだこれからですが、今後の学生の段階的な成長とその効果がおおいに期待されます。


アンケート結果
 10月3日の100人力ネットワークの会議でご記入いただいたアンケートの集計結果を掲載いたします。今年度から教育GP"つもり学習からの脱却" への貴重なご意見も頂きました。

100人力ネットワークの会議アンケート集計結果


  1. マーケット・インターンシップについて
    • 民間企業の業務を見学することは、大変役に立つと思います。働いている人々の仕事の価値感や達成感、技術レベルの高さやモラルは実際に現場に行かないと体験できません。良い企画と感じました。
    • 昨年はかなり多くの発表がありましたが今年は2例でした。今年度はあまり多くのテーマに取組んでおられないのか?つまり学生が興味を示さないのか?とも思われます。この試みは学生さんが社会を知る上で有意義と思いますので宜しくお願いします。
    • 企画そのものは良いが、実際にこれに費やす時間が少なすぎ。会社訪問による表面的なものにとどまってしまう傾向が感じられる。訪問後の考える時間をもっととらせるようにさせてもらいたい。
    • 企業の活動や活かされている技術を勉強する良い試みだと思いますが、不充分な調査で安易な結論を導くことが後を絶たないようです。結論を得るよりは世の中の多様性を理解してもらった方がよろしいように思います。
  2. つもり学習からの脱却について
    • 制度は大変よいと思った。特に4年生やM2に「指導する体験」を有する機会を与えたことがよい。
    • やってみせ、やらせてみせる教育は大切です。うまく推進していただきたいと思います。しかし「失敗しても良い」という方向に学生の意識を変えることは絶対に許されません。事前検討会を徹底して実施し、絶対に失敗をしないと思ってやる、それでもいろいろなことが発生する、それでもそれをのりこえて頑張る、そんな人を育てなければ、これからの日本が発展していくことは難しくなりますし、学生が就職して将来安定した生活もできません。
    • 高校までの知識を工学的に体験活用させる事も重要だと思いますが、一歩進んで大学で学ぶ基礎学問を反復体験させる事により力を入れた方が実践力が身につくと思います。
  3. 100人力ネットワークの在り方について
    • ボランティアであることを感じさせない、熱心で真面目、活発な活動していることが良く分かりました。有意義な活動であると思います。
    • もっとメールを使った学生とのQ&Aコミニュケーションがあっても良いと思います。また、会合の前に関連資料をメールで送っていただければ事前の準備が出来て助かります。テーマが沢山あるとコメントを付けるのが大変です。
    • 発表会だけの参加で学生との接触が少ないのでもの足りない感じがします。100人力のメンバーからは学生さんと一緒にいろいろこちらからも有意義な話がお聞きできて楽しみです。
  4. 将来に向けて、今後の工学力教育にたいする建設的なご意見
    • 4年生が1年生を指導する工学力教育の方法は非常に良いと思います。今年1年生が将来の1年生に先輩としてメッセージを残す歴史を構築していけたら新潟大として素晴らしいものと思います。
    • 座学、実験等、何をするにしてもコストはかかるもの、工学力教育の中にコスト意識を養えるプランがあってもいいと思います。社会に出て役に立つこと間違いないです。
    • 落ちこぼれを救うエネルギーとエリートを育てるエネルギーとどちらも大変な苦労があると思います。良い意味での厳しさを持ってくる学生に指導していただきたい。ゆとり世代の教育は大変と聞いていますが将来の日本を技術が支える教育・・・甘やかさない、理解理屈を考えさせる。本質を探ることを教えて下さい。
    • 一般的学生実験と組合わせて、よりじっくり時間をとって、より工学に必要な考え方(データの取扱いなどを含めて)を取り入れた方がよいと思う。本質について考える教育が必要と思う。
このページのトップへ↑

Copylight(C)2006
Education Center for Engineering and Technology Faculty of Engineering.
Niigata University, All Rights Reserved.