工学の原点に帰ろう
niigata university
   top > 100人力ネットワーク > 平成22年10月2日100人力ネットワーク会議
初動からの工学教育 実践的工学キャリア教育 創造性を目指すものづくり教育 100人力ネットワーク 技術連携による工学力のたまご 対談 センターについて センターについて
   
100人力ネットワーク

19年度100人力ネットワークの会議
20年度100人力ネットワークの会議
20年度100人力ネットワークの会議A
21年度100人力ネットワークの会議@
21年度100人力ネットワークの会議A
22年度100人力ネットワークの会議@
22年度100人力ネットワークの会議A
24年度第1回教育・学習成果発表会
24年度第2回教育・学習成果発表会
25年度第1回教育・学習成果発表会
25年度第2回教育・学習成果発表会
26年度第1回教育・学習成果発表会
26年度第2回教育・学習成果発表会
27年度第教育・学習成果発表会

100人力ネットワーク
100人力ネットワーク 100人力ネットワーク
平成22年 10月2日 100人力ネットワークの会議
 平成22年度、第1回目となる教育GP成果発表会を、2010年10月2日(土)、新潟市の「チサンホテル&コンファレンスセンター新潟」にて開催いたしました。100人力ネットワークの会議では、 大川工学部長、田邊工学力教育センター長から工学教育がおかれている現状と最近の学生気質、それに対して大学がどのような取組を行っているのかが説明されました。それに続き、100人力 ネットワークの幹事である平石様に「工学力のデザインを再読して」という内容でご講演をいただきました。
 午後の発表会では、山際教育GP部門長から教育GP全体の取組説明がなされ、その後、各学科の具体的な内容が発表されました。その後、マーケット・インターンシップ、創造プロジェクトの 発表も行われました。引き続き行われたキャリアデザイン・ワークショップではマーケット・インターンシップ、創造プロジェクトのグループに加え、各学科の教員と100人力ネットワークの 方々でデザイン科目の改善について話し合われました。その中では、大学教員と企業が考える学生の問題点の相違や、工学リテラシー入門を通してどのように学生を成長させるのか といったテーマについて、活発な意見が交わされました。


アンケート結果
 10月2日の100人力ネットワークの会議でご記入いただいたアンケートの集計結果を掲載します。

100人力ネットワークの会議アンケート集計結果


  1. 「デザイン科目改善成果」の発表内容とキャリアデザイン・ワークショップの討論の結果から、工学力教育が企業のニーズに応えているかどうかについて率直な意見をお書き下さい。
    • 着実に推進していて、効果を発揮していると考えます。ただ、技術者としては、作る工程でかならず品質のバラツキが発生すること、設計・製作の視点だけでは、できたものの品質の問題点を全部みつけることはできず、それとまったく違った視点でのチェックが必要であることについてもっと学生に考えさせるようにしていただきたいと思います。
    • 学生のベンチャー精神を上げる教育であれば、企業人を呼んで開発の話を聞かせることが必要であると思います。
    • 年々改善工夫(指導の仕方)されており、自発性、創造力育成の面で、ニーズに応えていると思います。今後は、定量的な成果評価がなされ、次につなげていただければと思います。
    • 応えていると思います。しかし、その実施に問題があると思います。具体的には、参加する学生と不参加の学生との格差、卒業研究に対する姿勢の違い、テーマ設定の難しさ(毎年同じテーマでもいいのではないでしょうか)。
    • 多方面にわたり取組んでいる事がエンジニアの基本的考えに集約されていくと考えます。
  2. 創造プロジェクト、マーケット・インターンシップ、テクノロジー・インターンシップについて、企業の側から見た場合の課題・問題解決の着眼点とは
    • 課題・問題を多角的視点から明確化すれば半分は解決したかと思います。つまり、それが最も大切だということです。
    • 問題を明確にすることができれば解決したのも同然です。
    • マーケットニーズ(ユーザーニーズ)を満たしていない点を、課題として捉えます。それらの課題解決には、既存技術の応用で解決できるか、新規技術がどれ位必要か、新技術は他から導入できるか、自社開発かなど問題解決の可能性を踏まえ検討する必要があります。また、マーケットの対象をどう絞るかが重要(狭すぎると問題解決しやすいが成果は小さい、広すぎると問題解決が難しく成果が実現しないリスクがある)です。
    • 目的をメンバー全員が理解・共有し、高い目標を掲げ(これはリーダーの職務でもあるが)、進捗を適宜確認しながらゴールを目指します。
    • 目標を明確に設定して、論点を整理します。その上で具体的な作業に入ります。勿論、手戻りも十分ありえます。
    • どのようにしたら目標を達成できるか。その思考過程の中で問題解決の糸口が見えてきます。
    • 課題の共有化・方向合わせ・報連相を徹底します。
    • まず課題、問題点の内容を明確にします。今回のテーマのような例では、お客様の要望や意見をきちんと聞いて検討します。課題・問題が解決したかどうかは、設計的視点だけでなく、検査的な視点でも行うようにします。
  3. 創造プロジェクト、マーケット・インターンシップ、テクノロジー・インターンシップについて、企業におけるプロセスの評価ポイントとは
    • 必要な計画をきちんと立てそれを着実に実行したか、不具合が発生した場合それをきとんと解決したかがポイントです。
    • PDCAサイクルが適切にまわっているか、成果に結びついているかで評価します。
    • 完成できればよい。未完成のまま終わらせない。その結果が悪くてもあとで生きてきます。
    • どれだけの広さの選択肢の中から目的に合致した選択肢をどう選んだか(場合によっては目的の変更も、合理的ならプラス評価できる)。その選択肢実現のためにどれだけ新しいアイデア・技術が含まれているか、その環境をどう整えたかのプロセスがあると素晴らしい。しかし何れも所定以上の成果を挙げた上での評価になります。
    • 取組みの深さと、どれだけ「なぜなぜ?」を繰り返しているか
    • 各段階におけるレビューによって評価します。
  4. 100人力ネットワークの在り方について
    • 100人力ネットワークの現在のメンバー構成がわかりませんが、現場で活躍中の35才〜45才くらいの人を多勢にして、いろいろなことに参加していただくようにしていただきたいと思います。
    • 企業のニーズに答える人材育成を目指すなら、もっと多くの先生がもっと企業のニーズをひろう交流が必要であると思います。
    • 非常に良い取組みと思いますが、参加者が減っているのが残念です。
    • 学生の皆さんとネットワークメンバーが語り合う場・時間が少ないです。ネットワークメンバーにとって学生の皆さんの役に立っている実感がわくような機会を増やして欲しい。
    • 大学教授と企業人とで大学教育のあり方を議論する場を作ってはどうかと思います。厳しい意見が少ないと思います。
    • 専門性だけでなく、その根底の考え方や経験をもっと利用されたら、と考えます。
    • 20代、30代の若手をもっとメンバーに入れた方が良いと思います。
    • 100人力ネットワークの在り方は現在のままで良いと思いますが、100人力のメンバーと教員の方々とのコミュニケーションの場があっても良いと思います。
  5. 将来に向けて、今後の工学力教育にたいする建設的なご意見
    • グローバル人材、新しいビジネスモデルを創出する人材を育成する上で、その基礎能力のトレーニングを期待します。
    • 参加者を全学生に広げないと効果は薄いのではないか。あまりに参加者が少ないのは問題です。
    • 高いレベルの学生にはさらに高い目標を与えてやるべきと思います。
    • 製作物の仕様書作成の重要性を教えて下さい。
    • 「つもり学習」と言う言葉を聞いて自分が学生時代と社会人になりたての頃をふりかえって、つくづくその通りだと思いました。机上で勉強していただけでは身につきません。自分の手で実際に作ってみる事がとても重要だと思います。
    • 専攻学科以外の他学科の基本的科目の習得を奨励します。また、知識と実地のギャップを意識させるキャリアデザインワークショップの活動の強化、特に同一テーマを反復実施させ、PDCAサイクルを回すことでもう一段のレベルアップを図ってほしい。
    • グローバリゼーションの中で、どのような技術者を育てるかが重要。単なるテクニシャンか、付加価値を作る技術者か。
    • 自立・自助・自動のドライビングフォースとなる興味や「なぜ?」との問い掛けを育んでください。
    • 子供達に工学の大切さやものづくりの魅力を伝えられるようにしたい。学生達が夢を持ち、その夢を実現するために学習・研究する方向へもっていきたい。
このページのトップへ↑

Copylight(C)2006
Education Center for Engineering and Technology Faculty of Engineering.
Niigata University, All Rights Reserved.