工学の原点に帰ろう
niigata university
   top > 100人力ネットワーク > 平成24年9月29日100人力ネットワーク会議
初動からの工学教育 実践的工学キャリア教育 創造性を目指すものづくり教育 100人力ネットワーク 技術連携による工学力のたまご 対談 センターについて センターについて
   
100人力ネットワーク

19年度100人力ネットワークの会議
20年度100人力ネットワークの会議
20年度100人力ネットワークの会議A
21年度100人力ネットワークの会議@
21年度100人力ネットワークの会議A
22年度100人力ネットワークの会議@
22年度100人力ネットワークの会議A
24年度第1回教育・学習成果発表会
24年度第2回教育・学習成果発表会
25年度第1回教育・学習成果発表会
25年度第2回教育・学習成果発表会
26年度第1回教育・学習成果発表会
26年度第2回教育・学習成果発表会
27年度第教育・学習成果発表会

平成24年度第1回教育・学習成果発表会
100人力ネットワーク 100人力ネットワーク
平成24年 9月29日 第1回教育・学習成果発表会
 平成24年9月29日に工学部の本年度第1回教育・学習成果発表会が、100人力ネットワークのご参加のもと物質生産棟で開催され、100人力ネットワークから17名、教員26名、学生47名の総数90名が参加しました。 発表会では、工学部長の挨拶のあと、新たに文科省に採択された※「理数学生育成支援事業」について、センター長がその主旨と今後の取組について説明しました。 続いて、学生によるキャリア教育、ものづくり教育を受講しての活動成果報告があり、その後のポスターセッションでは100人力ネットワークの方々と学生、教員との熱のこもった討論がなされました。 会議終盤には、100人力ネットワークの幹事の方から全体にわたる講評があり、それぞれ新規採択事業への取組み姿勢、失敗から学ぶリーダーシップ、実践教育のテーマ選びなどについて、 多くの貴重なコメントを頂きました。 なお、第2回教育・学習成果発表会は平成25年2月16日に新潟市内で開催されます。

※「理数学生育成支援事業」とは、理数の分野に優れた能力・意欲を持つ学生に対し、さらに意欲や能力を伸ばすための体系的な教育プログラムを対象に4年間補助が行われるものです。 このプログラムでは、学年・学科を越えた学生のチームが研究や技術開発に関する活動を行い、学生が相互に啓発できる場「スマート・ドミトリー」による新たな教育システムの構築を行います。 それにより高い研究能力と意欲および高度なリーダーシップを有し、国際的に秀でた学生「トップ・グラジュエイツ」を育成する取り組みです。特に、意欲のある学生は1年生から研究などの活動が 継続的に出来るのが特徴となっています。
平成24年9月29日教育・学習成果発表会 平成24年9月29日教育・学習成果発表会
第1回教育・学習成果発表会アンケート集計結果
第1回教育・学習成果発表会にてご記入いただいたアンケートの集計結果を掲載します。

  1. 「教育・学習成果発表会」に関する意見
    • 製品は設計の考え方、製作の考え方だけでは問題発生を防げません。設計とまったく違う角度から見て判断する検査の考え方が必要です。
    • 一部のグループは「いつまでに何を」というスケジュールがあいまいのまま進められているいう印象を受けました。
    • 目的(オリジナルな視点)に対する背景説明、すなわち、目的の位置づけをより明確にしてはと思いました。
    • 「〜〜ということがわかりました」という言葉が続き浅薄な感じで、学生の実感として正直さがないのがありました。「わかる」ということが実に至難な作業ということを知ってほしいと思います。
    • ポスター形式は、学生間の交流も可能となり、今後も続けてほしいと考えています。
    • 参加学生が能動的に活動している様子がみえて、大変たのもしく感じました。客観的な視点からの考察がもう少しあってもよかったかもしれないと思います。
    • 目的(オリジナルな視点)に対する背景説明、すなわち、目的の位置づけをより明確にしてはと思います。
    • 継続して発表会のできる体制は高く評価出来ます。学生が広く参画出来るようPR活動を期待しています。
    • 「PPTによるオーラルの発表」と「ポスターセッションでの発表」と両方あったので、専門外の当方にとってもわかりやすく興味深く聞けました。
    • 発表テーマが多くなってたいへん良かったと思います。工学部の学生数から考えると、もっとテーマ数が多くなり、みんながいろいろなことに努力することを期待します。
    • 先生方も大変だと思いますが、常に新しい試みを取り入れてよいプロジェクトにしていただくことを期待しています。
    • 実際にやってみて、失敗しそれを克服することが大切であり、そこから大いに学ぶ事があると思います。
  2. 「理数学生育成支援事業」に関する意見
    • トップグラジュエイツとして、研究者の育成に特化しすぎている感があります。産業の発展という切り口といくと、必ずしも、研究開発力の向上のみではないはずです。グローバルスタンダードで勝ち抜くシステム、仕組みは日本文化の特徴である組織力を高めるのも一案と思います。
    • 大変大切な育成事業だと思います。文部科学省に提出するための文言だけでなく、事業体の人たちがきちんと理解できる言葉での表現を使ってうまく指導してください。
    • 本プログラムで「トップグラジュエイツ」が育成できるはずとは思いますが、その人材を外部へアピールする場がもっと必要ではないでしょうか。国際発表の場を多くすべきです。
    • 高度な研究・開発能力を持った学生も多くは就職して、企業に入るとあらゆる場面で問題点解決をしていかなければなりません。そこに求められるのは知識と現場力をあわせた知恵です。理数学生育成支援事業の中でも、現場力を身につける視点が必要と思われます。
    • 工学で使用する文言は、ほとんどJISで定義されています。正しい文書の作成にも必要となりますので、是非カリキュラムへ入れてください。
    • グローバルな理系人材の育成では、数学、物理・化学、生物、英語などだけでなく、もっと広い視野で考えることの出来ることも考えた教育が必要と思いました。今回の文科省のプログラムの建前では困難ということでしょう。創造プロジェクトなどに参加することで、この欠点を補うことも出来ると思います。
    • 産業界経験者の意見も参考にし、とくに、企業自身の技術力変化。海外進出に伴う求める技術者像を正しく把握することが重要と思います。
    • 学生にとっては、好きなことを楽しくやれて最高だと思います。社会とも接しながら良い経験になると思います。
    • 大変期待できる事業だと思います。ただし、大学院まで含めてプログラムを完成させないと、優秀に育った大学院生が他大学の大学院に流出してしますのではないかと懸念いたします。
    • 人材育成が企業にとっても第一です。優秀な人材が新潟から流出せず、地元の星として活躍し続けることを期待します。また、受け入れる企業側も優秀な人材がおもいきり活躍できるように努力いたします。
このページのトップへ↑

Copylight(C)2006
Education Center for Engineering and Technology Faculty of Engineering.
Niigata University, All Rights Reserved.