工学の原点に帰ろう
niigata university
   top > 100人力ネットワーク > 平成25年2月16日100人力ネットワーク会議
初動からの工学教育 実践的工学キャリア教育 創造性を目指すものづくり教育 100人力ネットワーク 技術連携による工学力のたまご 対談 センターについて センターについて
   
100人力ネットワーク

19年度100人力ネットワークの会議
20年度100人力ネットワークの会議
20年度100人力ネットワークの会議A
21年度100人力ネットワークの会議@
21年度100人力ネットワークの会議A
22年度100人力ネットワークの会議@
22年度100人力ネットワークの会議A
24年度第1回教育・学習成果発表会
24年度第2回教育・学習成果発表会
25年度第1回教育・学習成果発表会
25年度第2回教育・学習成果発表会
26年度第1回教育・学習成果発表会
26年度第2回教育・学習成果発表会
27年度第教育・学習成果発表会

平成24年度第1回教育・学習成果発表会
100人力ネットワーク 100人力ネットワーク
平成24年度 第2回教育・学習成果発表会
 平成25年2月16日に平成24年度 第2回教育・学習成果発表会が、100人力ネットワークのご参加のもと新潟市中央区のチサンホテルにて開催され、100人力ネットワークから 26名、教職員28名、学生78名の総数132名が参加しました。発表会では工学部長の挨拶のあと、全体の取り組みについての説明を鳴海敬倫センター長から、スマート・ドミトリーの 取組状況報告が山内健教授からありました。
 今回の学生発表はスマート・ドミトリーを受講している学生に加え、キャリア教育を受講した学生を中心に行われ、計17グループの発表がありました。その後のキャリアデザイン・ ワークショップを兼ねたポスターセッションでは、100人力ネットワークの方々と学生、教職員との活発な討論がなされました。特にスマート・ドミトリーを受講している学生には 研究を行うことが求められていることから、"独自性"という視点での突っ込んだ議論がなされました。
 今回の発表会はスマート・ドミトリーの学生については、活動を本格的に始めてから約3ヶ月での発表になりました。次年度も研究を継続していく上でのいいモチベーションになったようです。  
平成25年2月16日教育・学習成果発表会 平成25年2月16日教育・学習成果発表会
平成25年2月16日教育・学習成果発表会 平成25年2月16日教育・学習成果発表会
第2回 教育・学習成果発表会アンケート集計結果
 第2回 教育・学習成果発表会では、スマート・ドミトリーや、その取り組みの中で行われている研究テーマについて、100人力メンバーの皆様、 スマート・ドミトリー参加学生に対して、アンケートを取らせていただきました。この場を借りてアンケートの集計結果を掲載させて頂きます。

スマート・ドミトリーの教育改善について【スマート・ドミトリー受講学生対象】

  • スマート・ドミトリーに参加したきっかけ(複数回答)
    • 大学での説明会・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・46
    • 大学ホームページ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・11
    • 友人に進められた・・・・・・・・・・・・・・・・・・・11
    • 教員に進められた・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・6
    • その他・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・7
    アンケート結果1
  • スマート・ドミトリーへの参加を決めた主な理由(複数回答)
    • ものづくりに興味があった・・・・・・・・・・・・36
    • ドミトリーの内容が面白かった・・・・・・・・24
    • 先生に勧められた・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・5
    • 友人に勧められた・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・5
    • 単位を修得できるから・・・・・・・・・・・・・・・・5
    • その他・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・11
    アンケート結果2
  • スマート・ドミトリーへ参加した感想
    • 非常に面白い・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・22
    • 面白い・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・30
    • どちらでもない・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・8
    • つまらない・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・0
    • まったくつまらない・・・・・・・・・・・・・・・・・・・0
    アンケート結果3
  • 2月16日の報告会について、参加して自分のためになりましたか
    • 非常にためになる・・・・・・・・・・・・・・・・・・・41
    • ためになる・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・17
    • どちらでもない・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・1
    • ためにならない・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・1
    • 全くためにならない・・・・・・・・・・・・・・・・・・・0
    アンケート結果4
    • 質問に答えることで、自分の調べたことを伝えることができた。また、質問してくれた人からアドバイスをもらえた。
    • 様々な意見が聞けて、今後の研究の方針の参考になった。
    • ポスターセッションをはじめてやってみて、1対1で話すことができ、話したいことが話せる。
    • アドバイスがたくさん聞けた。
    • 社会人と会える機会が得られるのが特に大きい。
    • 自分たちだけでは思いつかなかった問題を丁寧に指摘していただいた。
    • その方面で専門分野の方とのディスカッションはとても有意義だった。また、専門でない方に対しても意外な観点の質問があったり、ためになった。
    • 学部生のうちに大学での勉強が研究につながる過程を知ることができた。
    • ポスターセッションでの発表の経験はすごく貴重。
    • 100人力ネットワークの方々からとても貴重な意見を聞けた。
    • 自分たちの研究に必要なこと(ニーズ、対象の決定)がわかった。
    • 厳しいアドバイスを受けたが、今後の研究に役立つことばかりだったので、非常にためになった。
    • 発表会で他の皆がやっていることが知れて、とても興味深かったし、ポスターセッションで詳しく聞くことができた。
    • 100人力ネットワークの皆さんの質問や考え方に触れることで、今までよりも視野が広がった。
    • 自分たちの研究に足りない部分がわかり、100人力の方の意見が非常に参考になった。
    • 多くの人の前で発表するいい経験になった。
    • 他の班がどのような活動をしているかが良くわかったし、他の人の良い考えを聞いたりできてよい刺激になった。
    このページのトップへ↑

    Copylight(C)2006
    Education Center for Engineering and Technology Faculty of Engineering.
    Niigata University, All Rights Reserved.