工学の原点に帰ろう
niigata university
   top > 100人力ネットワーク > 平成25年9月28日100人力ネットワーク会議
初動からの工学教育 実践的工学キャリア教育 創造性を目指すものづくり教育 100人力ネットワーク 技術連携による工学力のたまご 対談 センターについて センターについて
   
100人力ネットワーク

19年度100人力ネットワークの会議
20年度100人力ネットワークの会議
20年度100人力ネットワークの会議A
21年度100人力ネットワークの会議@
21年度100人力ネットワークの会議A
22年度100人力ネットワークの会議@
22年度100人力ネットワークの会議A
24年度第1回教育・学習成果発表会
24年度第2回教育・学習成果発表会
25年度第1回教育・学習成果発表会
25年度第2回教育・学習成果発表会
26年度第1回教育・学習成果発表会
26年度第2回教育・学習成果発表会
27年度第教育・学習成果発表会

平成24年度第1回教育・学習成果発表会
100人力ネットワーク 100人力ネットワーク
平成25年度 第1回教育・学習成果発表会
 平成25年9月28日(土)に本年度第1回教育・学習成果発表会が新潟大学工学部のにおいて開催されました。参加者は学生56名、100人力22名、教職員13名の計91名で盛大に行われました。発表会では金子双男工学部長の挨拶から始まり、鳴海敬倫工学力教育センター長から 現在工学力教育センターが行っている取り組みである、ものづくりプロジェクト(旧創造プロジェクト)やマーケット・インターンシップ、テクノロジー・インターンシップの現状と共に、現在推し進めているリーダー発掘・育成プログラムの開発と試行について説明がありました。 続いてものづくりプロジェクト及びマーケット・インターンシップを受講した学生から口頭発表があり、各班の活動報告が行われました。その後、各班が製作したものを持ち寄ってポスターセッションが行われました。学生達は普段話す機会が少ない社会人や社会を経験した100人力の方々と活発な議論を通して勉強しました。 ポスターセッション終了後、学生の代表者5名が今回の発表会を通して感想を述べました。その後100人力の幹事3名の方から講評を頂きました。今回の発表会では『ロボコン』や『学生フォーミュラ』の班が工期後れを問題点としていたため、企業目線での対応の仕方などについて貴重なご意見を頂きました。 最後に阿部和久工学力教育副センター長の閉会挨拶で終了しました。今回の報告会で100人力の皆様に記入して頂きましたアンケート内容を下記に記載します。
平成25年9月28日教育・学習成果発表会 平成25年9月28日教育・学習成果発表会
アンケート集計結果
第1回教育・学習成果発表会にてご記入いただいたアンケートの集計結果を掲載します。

  1. 学生のリーダーに必要な素質
    • 積極性、失敗を恐れないで挑戦する勇気、仲間を思いやる気持ち、好奇心。
    • 物事の本質を見抜く力。
    • チームの夢、目標を自分のものとして突き進む力を持てるかどうかが大切です。
    • 「自分の戦略を持ち、声が大きい、ジェスチャーなど戦術として他人にその意思を伝え、他人の行動も踏まえて行動を起こす人です。
    • 企業と異なり、役職での権限がない中で、リーダーにさせられてしまった学生もいると思います。強力な個性によるリーダーシップは かえってグループを駄目にしてしまう危険性がります(ある学生に聞いたら、部活動と同じ感覚で参加しているとの事)。こうなると はやりコミュニケーション力が重要と考えます。
    • 課題に対する興味を持っていること、強く課題解決をしようと思う意思があることが重要だと考えます。
    • 一般的な社会人におけるリーダーの資質と、学生のリーダに求められる資質の違いについての明確な答えは見出せませんが 「プロジェクト運営の手法」そのものを学び、自らのプロジェクトにおいてどう導入構築していくかを考える能力、実行力もその一つ でしょうか。
    • リーダーとは自分のプロジェクトの弱いところを知っています。仕事のできない人、まとめられない人を補佐するためにリーダーは いるのだと思います。
    • 冷静に全体を見ることができ、周りの人の意見をまとめることができる人物だと思います。
    • 真摯であること、協調性、目的達成やメンバーに対する責任感、自分の意思を伝えるコミュニケーション能力、問題発見・解決力が必要です。
    • 一般的な社会人におけるリーダーの資質と、学生のリーダに求められる資質の違いについての明確な答えは見出せませんが 「プロジェクト運営の手法」そのものを学び、自らのプロジェクトにおいてどう導入構築していくかを考える能力、実行力もその一つ でしょうか。

  2. 学生のリーダーへのご助言
    • 謙虚であること。「俺が俺が・・・」では部下や後輩がついて来ません。 グループの仲間に対してビジョン(目標・目的)を明確に示します。 話し合いを大切にします。対面であることが大事 なのでグループの活動ルールを決めます(話し合いで)。
    • 三現主義の徹底(現場、現物、現象)とスマイルを忘れずに。
    • 日ごろから問題意識を持って生活すること。
    • 全体的に日程管理に苦しんでいるように見えます。いろいろな手法があるので研究してみるといいと思いました。
    • 「ロボコン」「学生フォーミュラ」などはプロジェクトリーダーの育成に格好のプロジェクトです。各システムを統合して、 全体としてのperformanceを最大にするにはどうするのか、という問いかけを解決する中でリーダーシップは身につきます。
    • プロジェクト内容をどのように分割し、チーム編成し、そのチームリーダーにどんな役割を与え、どんな権限を与えるか明確に することが大切です。
    • 短期間に完成させるよりも、問題点を列挙するだけでも成果であり、一番悪いのが食い散らかすことです。成果をあせって あれもこれも手を出して何もできないのがリーダーとして失格だと思います。
    • 他の人の意見を上手に聞くこと。
    • 目的を明確にし、目的を達成するためのプロジェクト管理的な考えをすると良いです。
    • とにかく経験・体験が必要だと思います。限られた学生時代の時間内に物事を進めていくためにはスピード感を持って まず一回やってみる。反省して二回目をやりきる事が大切です。
    • 自分ひとりで全てを行うことはできないので、他の人にやってもらえるようなグループ環境をつくる事です(信頼される人間になれば 可能と思います)。
    • 自己の能力、保有技術の把握 チームメンバーへの目標、行動様式の徹底 チームメンバーへの信頼関係の構築 、担当チームの必要技術への関心と理解をする情熱を持つことです(必ずしも自己の専門領域ばかりではない)。
      
  3. 学生のリーダー育成に関するご提言など
    • 人前で(仲間の前で)リーダーを叱らない。褒めて育てる。決してけなさない 。プラス思考のアドバイスをします(学生が益々やる気になるアドバイス)。
    • 能力を超えた目標に対する助言を与える(タイミング、与え方)が重要です
    • 本大学のプロジェクトのように、他の大学とは異なり、いろいろチームをつくり、リーダーやそれを支える経験を積ませることは 良い事です。
    • いろいろなタイプのリーダーがあり、若いうちはそれぞれがリーダーになる資質があると考えます。できるだけ多くの学生に リーダー体験を持ってもらい、チャンスを活かせるような活動があればよいと思います。
    • 最初から多人数のプロジェクトを編成するよりは、少数でもいいから多くのチームをつくり、できるだけ大勢にチームリーダーの 経験を積ませること。成功体験の事例を多くする工夫が必要。
    • 自分で経験してみないと分からないというのは真理だと考えます。リーダーを育成するには苦しんでいるものを温かく見守ってやること であり尋ねられたことに対してそれなりに答えてやることが大切です(指導教官のこと)。ましてや「俺についてこい」方式では、 人は全く育ちません。
    • 学生自身に任せておくことと思います。 失敗しても大丈夫な環境を整えておくことと思います。
    • 短期間でリーダーを育成することは難しいと思います。しかしこの「ものづくりプロジェクト」は体制を組んで何かを成し遂げる 活動で、育成のための良い方法だと思います。 企業内でもリーダー育成は課題となっており、業務とはまったく別のプロジェクトに参画させたり、外部団体のリーダー育成講演 に参加させたりしています。
    • 取り組むテーマだけではなく、社会のいろいろなことを広く身につけさせること なんでも積極的に取り組む人間性を育てることです。
    • 自然科学的なことだけでなく、目的達成の手法等の勉強やコストなどで管理的な考え方も知っておくのも必要です。
    • リーダーとして何をすべきか等をある程度知らせることも必要と思います(リーダーとしてのスキルを開示する)。 学生たちに「考える」時間を与えることは重要ですが、ある程度の方向性を示すことも必要と思います(考えるヒントを与える)。

  4. ものづくりプロジェクトおよびマーケット・インターンシップでの学生活動全般に関して、ご意見、ご提言など
    • ロボコン、学生フォーミュラについては、毎年のように工程管理の不備による製作の遅れが「成果不振の」原因として挙げられているように思います。→抜本的な改革(グループメンバー全員の意識改革・・・?)が必要か? 実現は難しいと思いますが、もう少し他の学科の学生同士のグループ編成ができるといいと思います。
    • 今回も興味深いテーマ、内容のものが散見され、先生方のご尽力に敬意を表します。
    • どの課題も学生が主体的に取り組んでおり、活動の成果や活動を通して学ぶことを期待できます。次回の開催までの進捗が 楽しみになります。
    • 「プロジェクトの進行が予定通りいかない」ということをほぼ毎回聞いている感じがします。過去の反省を詳細に検証したほうが 良いと思います。また先輩と今のメンバーでは実行可能な内容は変わると思うので、現在の状況・メンバーでできることを考える 必要があるかと思います。 自分たちの仕事の意義や背景を十分把握する必要があると思います。
    • 学生からの話の中で、途中でプロジェクトを辞める人がいるとの事でした。理由は時間が制約されることだそうです。 今回ロボコングループでスケジュール管理担当者を新設していますが、スケジュール管理をしっかりすれば、時間に余裕ができ もっと楽しくものづくりができると思います。(Q:品質 C:コスト D:納期) ノウハウと情報の共有化も重要と思います。失敗したことを振り返ることにより、次年度から同じ失敗をしないと思います(失敗 することは必要ですが・・・)。
    • もっと多くの一般学生が参加して同様の経験を積むことでbuttom upが可能と思います。全般に皆さん実に楽しく参加して おられて、すばらしいと思います。プロジェクトテーマは難易度の高いものを選んで目標を高くしたほうが勉強になると思います。 座学と実学の連携が深まり、座学の大事な意味が良く分かると思います。各分野の産業界のエキスパートがいると思いますが 普段、そういう人達に気軽に相談できる体制があると、もっとレベルアップしやすいかも。フォーミュラカーや電気自動車のチーム の話を聞いて感じたのは、関連企業にもっとコンタクトしたり、スポンサーシップを依頼したりすることもやってみると良いと 思います。企業人と接して得るものは多いと思います。
    • 技術を高める情報の提供試作の充実(企業交流、共同研究、学生参画) 役割分担、担当範囲を知らしめ、責任ある行動を取らせる施策は評価出来ます。 ものづくりを担うコア技術者となる意識を期待しています。
      
  5. 「教育・学習成果発表会」に関するご意見
    • お集まりいただく100人力の皆様は、学生が好きで、学生との会話を楽しみにしてきてくださっていると思います。 その意味でポスター形式の発表は良い方法だと思います。懇親会にも多くの学生が参加してくれると良いと思います。 社会人との交流の機会をもつことの重要性を学生に伝えてください。
    • ポスターセッションは大変有効な方法だと考えます。学生自身も相手に合わせた応答や知識の現認、なにより理解させることの 難しさを体得できる良い機会になるのでは、と勝手に考えています。最近我々も単なる一方通行の発表会に加え、R&Dでの 技術課題に対するポスターセッションdayを設けました。
    • もっと動画、写真、図など現代っ子が得意なものでアピールして欲しいです。韓国の学生のプレゼンを聴いたことがあるが、近代技術 (コンピュータ技術)でアピール力がすごかったです。今の学生ならできるのではないか?全体的に学生さんはおとなしかったなと感じました。
    • 今回は大学内で行ったが、経費等の面で有意義と思われる。冬場は来場するのに課題はあるものの、学生及び教員も来校し 平常的に活動しているので、何とかなるのではないかと思っている。
    • チーム数はこの程度で良いが、もっと学生の参加者が増えて欲しいと思う。しかし発表会は大変かもしれませんが。 今回の発表会プログラムは良いと思います(だんだん良くなっている)。
    • ポスターセッションで説明したりディスカッションをするのは良い体験になると思いますので、是非継続してください。
    • 学生さんたちのプロジェクトのレベルがどんどん上がってきており、大変感心いたしました。また皆さんチャレンジ精神も有り 今後の新潟大が楽しみです。各研究室の成果を生かしたベンチャーあるいは、インキュベーションも試みてはいかがでしょうか。 短波受信機チームも単にできあいの部品を買ってくっつけるだけではなく、トランジスタレベルから回路をくみ上げているとの 事ですごいと思います。
このページのトップへ↑

Copylight(C)2006
Education Center for Engineering and Technology Faculty of Engineering.
Niigata University, All Rights Reserved.