工学の原点に帰ろう
niigata university
   top > 100人力ネットワーク > 平成29年2月18日100人力ネットワーク会議
初動からの工学教育 実践的工学キャリア教育 創造性を目指すものづくり教育 100人力ネットワーク 技術連携による工学力のたまご 対談 センターについて センターについて
     
100人力ネットワーク

19年度100人力ネットワークの会議
20年度100人力ネットワークの会議
20年度100人力ネットワークの会議A
21年度100人力ネットワークの会議@
21年度100人力ネットワークの会議A
22年度100人力ネットワークの会議@
22年度100人力ネットワークの会議A
24年度第1回教育・学習成果発表会
24年度第2回教育・学習成果発表会
25年度第1回教育・学習成果発表会
25年度第2回教育・学習成果発表会
26年度第1回教育・学習成果発表会
26年度第2回教育・学習成果発表会
27年度第教育・学習成果発表会
28年度第教育・学習成果発表会
29年度第教育・学習成果発表会

平成25年度第2回教育・学習成果発表会
100人力ネットワーク 100人力ネットワーク
平成28年度 教育・学習成果発表会
 毎年2月に開催している教育・学習成果発表会が平成29年2月18日(土)に工学部棟にて開催致しました。 当日は教職員19名、100人力(外部の社会人や社会人OBの組織)21、学生74名という大勢の方にご参加頂きました。 学生は受講している講義のグループ別に分かれ、創造プロジェクトからロボコン、学生フォーミュラ、非産業用ロボット、 アプリケーション開発、理想の音響機器製作、Can-Sat、筋電義手の設計・制作の計7チーム、 スマート・ドミトリーから場を読むネットワークの構築、BMI(脳波)の研究、人工湿地による染色廃水の処理、 下水汚泥灰からリンを回収する資源循環技術の開発、マイスナー効果を利用した磁場増幅、 CO2の還元反応の応用研究の計6チーム、テクノロジー・インターンシップでは受講した11名がそれぞれ発表を行いました。 発表会は10時50分から始まり、学生達は1日掛けて各グループ5分程度の口頭発表及び80分間のポスター発表を行ないました。 学生達は熱心に発表を行い普段接する事の無い100人力の方々や教員から数多くの指導を受け、熱心に討論しました。 発表会終了後は生協第3食堂にて懇親会を行い、交流を深めました。
 
平成29年2月18日教育・学習成果発表会 平成29年2月18日教育・学習成果発表会
このページのトップへ↑

Copylight(C)2006
Education Center for Engineering and Technology Faculty of Engineering.
Niigata University, All Rights Reserved.