工学の原点に帰ろう
niigata university
   top > センターについて > センター長の挨拶
初動からの工学教育 実践的工学キャリア教育 創造性を目指すものづくり教育 100人力ネットワーク 技術連携による工学力のたまご 対談 センターについて センターについて
センター長の挨拶

組織と内容

部門長 協力教員名簿

活動記録

関係者のページ

工学力教育センターについて
センター長の挨拶
新しい「ものづくり」の担い手への期待

 今から30年ほど前、日本は世界のものづくりの現場を席巻し、リードしていました。テレビ、電卓、自動車、具体的なものを挙げればきりがありません。 しかし、その後は新興国も含めた海外諸国の猛烈な追い上げもあり、ここ数年、ニュースやドキュメンタリー番組でも報道されている通り、 日本のものづくりは凋落の一途をたどっています。なぜこのような事態となったのでしょうか。装置を買って来さえすれば、誰にでも同じものが 真似できる技術が開発された、科学技術があこがれの対象ではなくなった、小学・中学・高校と年齢が上がるにつれて理科好きの若者が減ってくるなど、 さまざまなことが原因として言われています。多くの要因が複雑に絡み合っているため、この事態を打開する処方箋はまだ見つかっていません。 しかし、いくつかわかってきたことはあります。まず基本は、ものづくりの土台となる、物理・化学・生物など自然科学系の基礎知識といえるでしょう。 応用的な知識をいくら学んだところで、所詮それは先人の後追いにすぎません。革新的なものづくりには、基礎知識に基づく理論的な裏付けが必要です。 また今日では、ものづくりのバックグラウンドに人文社会学、経済学、芸術系の知識・素養が強く求められており、これらを総合したものづくりといった 意味で新しいものづくりの概念が重要となってきました。状況は30年前とは明らかに変わっており、需要やニーズの多様性に目を向けた開発をしなければ、 製品自体の性能がいかに優れていようと、市場で受け入れてはもらえません。技術偏重の製品ではダメなのです。さらに時代は、大きくグローバル化に舵を切りました。 世界の動向のみならず、地域の文化、慣習、考え方を理解した上でのものづくりも大切になってきました。
 幸いにして新潟大学の工学力センターには、創造プロジェクト、スマートドミトリーといった、プロジェクト科目が用意されており、 理論的な裏付けに基づいたものづくりが行えます。1年生を含めた意欲ある多くの学生が熱心に各プロジェクトに取り組む中で、さまざまな賞を獲得するなど、 最近になって大きな成果が出始めてきました。センターに関わる者として大変うれしい限りです。また、市場の需要やニーズの多様性に着目した実習型の インターンシップ科目も開講されています。グローバル化の視点から見ると、今年度は文部科学省の「大学の世界展開力強化事業」という大型の プロジェクトが採択され、諸外国の学生との協働作業を交えながらプロジェクトを遂行できる可能が見えてきました。 また、工学部一学科体制への移行に伴う組織改編も、ものづくりに新要素を加味する強い追い風となることでしょう。 30年前の日本におけるものづくりの状況を知る者として、工学力教育センター、そして何より若い学生諸君の今後の取り組みに期待しています。

鈴木孝昌(電子情報通信プログラム)

Copylight(C)2006
Education Center for Engineering and Technology Faculty of Engineering.
Niigata University, All Rights Reserved.