工学の原点に帰ろう
niigata university
   top > 実践的工学キャリア教育 > キャリアデザインワークショップ2014 >
初動からの工学教育 実践的工学キャリア教育 創造性を目指すものづくり教育 100人力ネットワーク 技術連携による工学力のたまご 対談 センターについて センターについて
マーケットインターンシップ

キャリアデザインワークショップ

テクノロジーインターンシップ

企業week
第1回企業week
第2回企業week
第3回企業week
第4回企業week
第5回企業week
第6回企業week
第7回企業week
第8回企業week
実践的工学キャリア教育
2007年度2008年度2009年度2010年度2011年度
2012年度2013年度2014年度2015年度|
平成26年度 第1回キャリアデザイン・ワークショップの開催
 平成26年度第1回教育学習成果発表会が平成26年9月27日(土)に工学部において開催され、それに伴いキャリアデザイン・ワークショップも開催されました。 参加者は100人力ネットワーク及び外部の方29名、教職員16名、学生63名、合計108名と大勢の方にご参加頂きました。工学力教育センター岡徹雄教授の司会のもと、 テーマを『研究成果の商品化』と題し、学生と100人力ネットワーク、教員との活発な意見交換が行なわれました。学生達は普段話す機会の無い100人力ネットワーク の方と企業目線から考える研究について良く話を聞いたり、自分の意見を述べたりと意見交換する事が出来ました。
キャリアデザイン・ワークショップの様子 キャリアデザイン・ワークショップの様子
平成26年度 第2回キャリアデザイン・ワークショップの開催
 平成27年2月21日(土)、平成26年度第2回教育学習成果発表会が開催されました。発表会開催に伴い前回に引き続き工学部大会議室において キャリアデザイン・ワークショップも開催されました。キャリアデザイン・ワークショップに先立ち101講義室において、ものづくりプロジェクト 並びにスマート・ドミトリーに参加している学生から現在行なっている研究及びものづくりの活動についての発表がありました。
 その後大会議室に 移動し山内副工学力教育センター長が司会のもと、キャリアデザイン・ワークショップが開催されました。ものづくりプロジェクトに参加している 3グループは1つの班に集まり、『世界にひとつだけの「ものづくり」はどうやればできるか』という題、スマート・ドミトリーに参加している グループは『今の研究を発展させて、2030年に役立つ材料や機器を開発』という題のもとで、100人力及び教員の方と共にグループディスカッションを 行ないました。
 学生達は普段話すことが出来ない100人力の方々に自分の意見を投げかけ、100人力の方々からは企業目線に立った様々なアドバイスを 貰い活発に意見交換を行いました。
キャリアデザイン・ワークショップの様子 キャリアデザイン・ワークショップの様子

Copylight(C)2006
Education Center for Engineering and Technology Faculty of Engineering.
Niigata University, All Rights Reserved.