工学の原点に帰ろう
niigata university
   top > 創造性を目指すものづくり教育 > ものづくりアイディア展 > 第2回 新潟
初動からの工学教育 実践的工学キャリア教育 創造性を目指すものづくり教育 100人力ネットワーク 技術連携による工学力のたまご 対談 センターについて センターについて
創造プロジェクト
平成19年度の創造プロジェクト作品
平成20年度の創造プロジェクト作品
平成21年度の創造プロジェクト作品
平成22年度の創造プロジェクト作品
平成23年度の創造プロジェクト作品
平成24年度の創造プロジェクト作品
平成25年度の創造プロジェクト作品
平成26年度の創造プロジェクト作品
平成27年度の創造プロジェクト作品
平成28年度の創造プロジェクト作品

ものづくりアイディア展
ものづくりアイディア展 第1回新潟
ものづくりアイディア展 第2回新潟
ものづくりアイディア展 第3回新潟
ものづくりアイディア展 第5回富山
ものづくりアイディア展 第6回長崎
ものづくりアイディア展 第7回新潟
ものづくりアイディア展 第8回富山
ものづくりアイディア展 第9回長崎
ものづくりアイディア展 第10回新潟
ものづくりアイディア展 第11回富山
ものづくりアイディア展 第12回長崎
ものづくりアイディア展 第13回新潟
ものづくりアイディア展 第14回富山
創造性を目指すものづくり教育
第1回in新潟第2回in新潟第3回in新潟 | 第5回in富山
第6回in長崎第7回in新潟第8回in富山第9回in長崎
第10回in新潟第11回in富山第12回in長崎第13回in新潟
第14回in富山 | 
ものづくり・アイデア展
第2回in 新潟
 平成16年12月16日に新潟大学工学部学生エントランスホワイエを中心に開催されました。当日は、名古屋大学高等研究院教授の武田邦彦先生による「デザイン能力養成に対する工学教育の現状と今後の展開」というタイトルでの講演がありました。そして、その講演を受けて、3大学工学部からパネリストが参加し、パネルディスカッションが行なわれました。
 このアイディア展のメインである学生諸君は、出展作品の簡単な発表とその実演・展示を担当しました。出展総数は18件(新潟6件、長崎3件、富山9件)で、正規科目として学生を募集して取り組んでおられるためか、富山大学から最も多い出展がありました。
 アイディア展ということもあり、審査員並びに会場の参加者による投票で、金賞:新潟大学「ラジコン操舵式ウインドカー」、銀賞:富山大学「LEGO Mindstormsによるじゃんけんロボット」、銅賞:新潟大学「電子レンジを使った無機蛍光体の急速合成」、特別賞:長崎大学「資源ゴミ自動分別ゴミ箱」が選ばれました。それぞれが様々な工夫を凝らした力作揃いでしたが、必ずしも動きのあるものだけではなく、銅賞の作品のように「電子レンジで簡単に複雑な化合物を作れます。」という1つのアイディアが作品となったものもあり、参加者一同、多いに楽しんでいました。







このページのトップへ↑

Copylight(C)2006
Education Center for Engineering and Technology Faculty of Engineering.
Niigata University, All Rights Reserved.