工学の原点に帰ろう
niigata university
   top > 創造性を目指すものづくり教育 > ものづくりアイディア展 > 第3回 新潟
初動からの工学教育 実践的工学キャリア教育 創造性を目指すものづくり教育 100人力ネットワーク 技術連携による工学力のたまご 対談 センターについて センターについて
創造プロジェクト
平成19年度の創造プロジェクト作品
平成20年度の創造プロジェクト作品
平成21年度の創造プロジェクト作品
平成22年度の創造プロジェクト作品
平成23年度の創造プロジェクト作品
平成24年度の創造プロジェクト作品
平成25年度の創造プロジェクト作品
平成26年度の創造プロジェクト作品
平成27年度の創造プロジェクト作品
平成28年度の創造プロジェクト作品

ものづくりアイディア展
ものづくりアイディア展 第1回新潟
ものづくりアイディア展 第2回新潟
ものづくりアイディア展 第3回新潟
ものづくりアイディア展 第5回富山
ものづくりアイディア展 第6回長崎
ものづくりアイディア展 第7回新潟
ものづくりアイディア展 第8回富山
ものづくりアイディア展 第9回長崎
ものづくりアイディア展 第10回新潟
ものづくりアイディア展 第11回富山
ものづくりアイディア展 第12回長崎
ものづくりアイディア展 第13回新潟
ものづくりアイディア展 第14回富山
創造性を目指すものづくり教育
第1回in新潟第2回in新潟第3回in新潟 | 第5回in富山
第6回in長崎第7回in新潟第8回in富山第9回in長崎
第10回in新潟第11回in富山第12回in長崎第13回in新潟
第14回in富山 | 
ものづくり・アイデア展
第3回in 新潟
 平成17年12月3日に前年と同様、新潟大学工学部学生エントランスホワイエを中心に開催されました。
 過去2回の反省から、今回はより長い発表並びに実演・展示時間を確保しました。出展総数は、18件(新潟6件、長崎3件、富山9件)でしたが、新潟大学工学部でも平成17年度から「創造プロジェクトT、U」を正規科目として立ち上げ、その受講生による作品を出品することができました。
 また、3大学の学生の協働によるテーマの実施を最終年度の目標としていたのですが、最終年度を待たずに協働で作品を作り上げたグループが現れました。そして、このグループの作品である長崎大学の「エアポンプシャワー」が最優秀賞である工学部長賞を獲得したことは、大きな刺激が学生により良い効果を与えることを示しているのだと考えています。第2位に相当する工学力教育センター長賞は新潟大学の「電気自動車」が受賞しました。自己満足仕様と彼らは言っていましたが、様々なこだわりの中に回転時の内輪と外輪の差を付けるなど、技術的にも高い作品でした。










このページのトップへ↑

Copylight(C)2006
Education Center for Engineering and Technology Faculty of Engineering.
Niigata University, All Rights Reserved.