工学の原点に帰ろう
niigata university
   top > 創造性を目指すものづくり教育 >
初動からの工学教育 実践的工学キャリア教育 創造性を目指すものづくり教育 100人力ネットワーク 技術連携による工学力のたまご 対談 センターについて センターについて
創造プロジェクト
平成19年度の創造プロジェクト作品
平成20年度の創造プロジェクト作品
平成21年度の創造プロジェクト作品
平成22年度の創造プロジェクト作品
平成23年度の創造プロジェクト作品
平成24年度の創造プロジェクト作品
平成25年度の創造プロジェクト作品
平成26年度の創造プロジェクト作品
平成27年度の創造プロジェクト作品
平成28年度の創造プロジェクト作品

ものづくりアイディア展
ものづくりアイディア展 第1回新潟
ものづくりアイディア展 第2回新潟
ものづくりアイディア展 第3回新潟
ものづくりアイディア展 第5回富山
ものづくりアイディア展 第6回長崎
ものづくりアイディア展 第7回新潟
ものづくりアイディア展 第8回富山
ものづくりアイディア展 第9回長崎
ものづくりアイディア展 第10回新潟
ものづくりアイディア展 第11回富山
ものづくりアイディア展 第12回長崎
ものづくりアイディア展 第13回新潟
ものづくりアイディア展 第14回富山
創造性を目指すものづくり教育
平成15年度、文部科学省によって公募された「特色ある大学教育支援プログラム」として、新潟大学、長崎大学、富山大学の 工学部の先進的な教育プロラムが採択されました。この「ものづくりを支える工学力教育の拠点形成〜創造性豊かな技術者を志す 学生の連携による教育プログラム〜」は、工学の原点に立ち戻って、21世紀の新しい工学教育を作り上げようとするものです。
 3大学工学部は技術開発の現場を取り込めた教育プログラムを実践してきており、工学への強いインセンティブと行動力とを学生が 獲得できるような教育実践を重ねています。3大学の間で、大学間学術交流協定を結んで共同で進めています。
本取組が目指すもの
ものづくりで広がる工学
  工学の特徴は、すべての教育・研究が「ものづくり」に向かうことです。工学の研究や技術開発もその結果が、いろいろなかたちで新しい技術を生み出すという意味で、 工学にとって普遍の価値と大きな可能性を持っています。
 自動車・船・ロボット・建築・機能性材料・コンピュータなど「かたち」あるもの、コンピュータプログラム・半導体のデザイン・回路設計等も「システム」デザイン等、 地平線は限りなく広がっています。
工学力を目指す教育
 ものづくりに向かう総合的な力を「工学力」と定義しています。技術開発に向けた教育プログラムでは、学生が創造的な工学力を獲得するように、 新しく教育環境を構築することをめざしています。工学力は、学ぶ力とつくる力が統合した力です。工学の技術は、複雑に入組み合った学際的な構造をもっていて、 これまで関係がないと考えられていた異分野の考え方や手法が、新しい技術を生み出す大切な起点を与えてくれることも多いのです。
このページのトップへ↑
「ものづくり」を支える3つの柱
本教育プログラムは、学生と教職員とが協働して「工学力」の学習環境を創りだしていくもので、その実現のために3つの柱があります。
  1.工学力教育センター
工学の原点に立ち戻った教育プログラムの開発
 工学力を学ぶための新しい教育プログラムを、開発・体系化するいろいろな試みを行っています。また、地域社会・企業との協働の仕組みをもつ 分野横断的な教育プログラムの開発・試行を進めて、最先端の技術開発の現場と工学部の教育場面とを結びつける「工学力のプラットフォーム」を 整備するための一歩を歩み出しています。
  2.工学力の学習環境・プログラム
「学習環境の整備と教育プログラム」の試行
 工学力を学ぶための新しい教育プログラムを、開発・体系化するいろいろな試みを行っています。また、地域社会・企業との協働の仕組みをもつ 分野横断的な教育プログラムの開発・試行を進めて、最先端の技術開発の現場と工学部の教育場面とを結びつける「工学力のプラットフォーム」を 整備するための一歩を歩み出しています。
  3.学生ものづくり・アイディア展
ものづくりの体験とコンテスト
 学生が自主的に取り組み、技術者としての喜びを体験する場です。実際に経験することで、あらためて工学技術を深く学ぶためのインセンティブを得ることができます。 「学生ものづくり・アイディア展」は、3大学工学部の学生が成果を発表する場です。各学科で独自に行われているものから、専門分野の領域を越えて学生がチームを組む学際的な活動、 3大学工学部の学生が協働しあう融合したプロジェクトチームの展開等、いろいろな幅広い活動の計画が進められています。
 
このページのトップへ↑

Copylight(C)2006
Education Center for Engineering and Technology Faculty of Engineering.
Niigata University, All Rights Reserved.