ニュース背景画像 ニュース背景画像

ニュース ニュース

2020年度 メールマガジン


2020年度 8月号 工学力教育センターメールマガジン

新潟大学工学部附属工学力教育センターメールマガジン 第 6 号( 2020年 8 月発行 )

お盆が明け、8月末となったにもかかわらず厳しい残暑が続いています。皆様お変わりありませんか。 人間が暑さに参っている中にあっても、コロナウイルスの猛威は収まらず、センターの活動が大きく制約を受けています。 ロボコン、フォーミュラ、能代宇宙イベントが軒並み中止となりました。 学生のみならず、学生の活躍を楽しみにしている我々にとっても残念な限りです。 しかし、一方で元気の出る話題もたくさんあります。詳しくは記事をご覧ください。

・・・【目 次】 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
[1]  NHK学生ロボットコンテスト・全日本学生フォーミュラ大会・能代宇宙イベントの中止が決定しました
[2]  ロボコンプロジェクトがNHKの取材を受けました
[3]  Webオープンキャンパスに参加しました
[4]  G-DORMでCOILプログラムを王立プノンペン大学と実施決定!
[5]  マイナビ「学生が選ぶインターンシップアワード」インタビュー記事が掲載!
[6]  今後の行事予定
[7]  センターからのお知らせ

-------------------------------------------------------------------------------------------------------
[1] NHK学生ロボットコンテスト・全日本学生フォーミュラ大会・能代宇宙イベントの中止が決定しました
-------------------------------------------------------------------------------------------------------
▲ものづくりプロジェクトで活動している、ロボコンプロジェクト・学生フォーミュラプロジェクト・CANSATプロジェクトが出場を目指していた、 「NHK学生ロボットコンテスト」「全日本学生フォーミュラ大会」「能代宇宙イベント」が、新型コロナウイルスの感染拡大防止の観点から、 残念ながら中止になってしまいました。各PJの学生とも大変残念がっていますが、次年度以降の出場に向けて、少人数で活動を続けています。

--------------------------------------------------------
[2] ロボコンプロジェクトがNHKの取材を受けました
--------------------------------------------------------
▲「NHK学生ロボットコンテスト」は中止になってしまいましたが、コロナ禍でのロボコン活動を取材したいという事で、NHKの取材を延べ2日間にわたって受けました。 この様子は9月21日(月・祝)NHK総合テレビで放送予定です。またオンラインでのイベントも計画されています。

-----------------------------------------------
[3] Webオープンキャンパスに参加しました
-----------------------------------------------
▲工学力教育センター研究部門スマート・ドミトリーでは、例年大型ポスターを作成し、高校生にスマドミの魅力や活動紹介を伝えていたところですが、 今年はコロナ禍のため残念ながらオープンキャンパス自体が中止になりその活動は出来ませんでしたが、コロナ禍においての初の試みである、 Webオープンキャンパスに参加しました。各ドミトリーに5分程度の動画を作成してもらいそれをWeb上に公開しました。 工学力教育センター独自企画として工学力教育センターの他の学生プロジェクトの紹介と相談会をWeb上で実施しました。

--------------------------------------------------------------------------------
[4]G-DORMでCOILプログラムを王立プノンペン大学と実施決定!
--------------------------------------------------------------------------------
▲G-DORMでは、新型コロナウイルス感染症蔓延のため渡航を断念した今年2月~3月の短期派遣の代替プログラムとして、9月14日~16日の日程で、 王立プノンペン大学とオンライン国際協働学習プログラム(略称COIL: Collaborative Online International Learning)を実施する運びとなりました。 今後のオンライン留学交流のモデル的事例となることが期待されています。

-----------------------------------------------------------------------------
[5]マイナビ「学生が選ぶインターンシップアワード」インタビュー記事が掲載!
-----------------------------------------------------------------------------
▲マイナビ『学生が選ぶインターンシップアワード』のホームページに、「優秀賞」受賞の喜びや成果について語ったインタビュー記事を掲載して頂きました。 ぜひご一読ください!

マイナビインターンシップアワードインタビュー記事
https://internship-award.jp/report/interview/niigata-u/

----------------------------------
[6]今後の行事予定
----------------------------------
▲9月9日~11日 日本工学教育協会 第68回年次大会・工学教育研究講演会 オンライン参加
▲9月24日18:00~ものづくりプロジェクト第5回進捗状況報告会 Zoomにより開催
▲10月27日18:00~スマドミ月例報告会 Zoomにより開催
----------------------------------
[7]センターからのお知らせ
----------------------------------
▲【G-DORMの活動報告等について】
G-DORMでは,下記ホームページおよびFacebookを運用中です。ホームページでは,インターンシップ協力企業の紹介や,参加学生の声を紹介しています。 Facebookでは,活動写真を掲載しています。是非,これまでの活動状況等をご覧くださいませ。
ホームページ:https://www.eng.niigata-u.ac.jp/~g-dorm/
Facebook:https://www.facebook.com/gdorm.niigata/



2020年度 6月号 工学力教育センターメールマガジン

新潟大学工学部附属工学力教育センターメールマガジン 第 5 号( 2020年 6 月発行 )

 新潟大学工学部附属工学力教育センターより、メールマガジン第5号お届けします。
 新型コロナウイルスの影響により、対面での活動を自粛していた「ものづくりプロジェクト」、「スマドミ」ですが、Zoomを使った遠隔での活動では、 じっくりと考える時間が確保でき、当初予想していたよりも成果が上がったプロジェクトもあったようです。 また、特設のwebサイトを立ち上げた結果、たくさんの新規受講生が集まってくれました。 新型コロナウイルスの感染に注意しながらではありますが、今月からは、対面での活動も少しずつ再開していきます。 一方、「G-DORM」は、大きな賞を受賞しました。詳しくは、本文をご覧ください。

・・・・・・・・・・ 【目 次】 ・・・・・・・・・・・・・・・・・
[1]  ものづくりプロジェクトの新規受講生を募集しました。
[2]  ものづくりPJは第2タームより、徐々に活動を再開しています。
[3]  スマート・ドミトリーの新規受講生を募集しました。
[4]  スマート・ドミトリー活動開始致しました。
[5]  G-DORM短期受入2019がマイナビインターンシップアワードで優秀賞を受賞!
[6]  G-DORM連携4大学から新潟大学リエゾンプロフェッサーが誕生しました。
[7]  今後の行事予定
[8]  センターからのお知らせ

-----------------------------------------------------------------------------
[1] ものづくりプロジェクトの新規受講生を募集しました。
-----------------------------------------------------------------------------
▲Web上の特設ページにより情報発信を行い、今年もほぼ例年通りの35名の新規受講生を迎え入れることができました。 全体で8プロジェクト129人での活動になります。また、今年から新たに「ロボマスタープロジェクト」が立ち上がりました。 自作したロボットを一人称視点で操作し、弾を撃ち合い勝敗を決める競技です。今後の活動にご期待ください。

-----------------------------------------------------------------------------
[2] ものづくりPJは第2タームより、徐々に活動を再開しています。
-----------------------------------------------------------------------------
▲ものづくりプロジェクトの第1ターム期間中の活動は、すべてリモートでの活動でしたが、 第2タームより、人数を制限・感染症対策をしたうえで、徐々に大学内での活動を再開しています。 今後も感染症対策と活動内容のバランスを取りながら進めてまいります。

-----------------------------------------------------------------------------
[3] スマート・ドミトリーの新規受講生を募集しました。
-----------------------------------------------------------------------------
▲スマート・ドミトリーは、所属分野・プログラムに関わらず各研究プロジェクトに1年生のうちから配属させ、先輩や教職員の指導、 大学のカリキュラム等で専門科目を学びながら研究を行うのが特徴です。本年度は、3年生10名、2年生7名、1年生13名の総勢30名が 「場を読むネットワークの構築」、「人工湿地による廃水処理」、「下水汚泥灰からリンを回収する資源循環技術の開発」、 「エネルギー社会を支える未来材料の開発」、「プラズマレールガン」の5テーマで活動を開始しました。

-----------------------------------------------------------------------------
[4] スマート・ドミトリー活動開始致しました。
-----------------------------------------------------------------------------
▲直接のミーティングや実験はコロナウイルス感染予防のため、出来ていませんがZoomでの月例報告会や、 ワークショップ「工学のためのパブリックスピーチ」を開催しています。 また、日工教の68回年次大会・国際セッションに向け2チームが、準備中です。
--------------------------------------------------------------------------------
[5]G-DORM短期受入2019がマイナビインターンシップアワードで優秀賞を受賞!
--------------------------------------------------------------------------------
▲マイナビ第3回『学生が選ぶインターンシップアワード』において、G-DORM短期留学受入プログラムで本学工学部と 「公益社団法人つばめいと」が連携して取組む国際GWインターンシップが「優秀賞」を受賞しました。 第3回目となった今回は、全国より361法人計482プログラムの応募があり、大賞1法人、文部科学大臣賞1法人に次いで、 新潟大学が優秀賞6法人のうちの1法人として選定されました。また、大学が表彰対象に加えられてから初めての表彰となりました。

マイナビインターンシップアワード受賞概要
https://internship-award.jp/report/award/a98430/

-----------------------------------------------------------------------------
[6]G-DORM連携4大学から新潟大学リエゾンプロフェッサーが誕生しました。
-----------------------------------------------------------------------------
▲G-DORM連携4大学(王立プノンペン大学、ラオス国立大学、チュラロンコン大学、ハノイ工科大学)からそれぞれ1名ずつ、計4名が、 新潟大学リエゾンプロフェッサーに就任しました。

新潟大学リエゾンプロフェッサー一覧
https://www.niigata-u.ac.jp/international/cooperation/status/lp/

----------------------------------------------
[7]今後の行事予定
----------------------------------------------
▲6月25日(木、6限)18:00~ものづくりプロジェクト第3回進捗状況報告会をZoomミーティングにより開催します。
▲7月7日(火、6限)18:00~スマドミ月例報告会をZoomミーティングにより開催します。
----------------------------------------------

[8]センターからのお知らせ
----------------------------------------------
▲【G-DORMの活動報告等について】
G-DORMでは,下記ホームページおよびFacebookを運用中です。ホームページでは,インターンシップ協力企業の紹介や,参加学生の声を紹介しています。 Facebookでは,活動写真を掲載しています。是非,これまでの活動状況等をご覧くださいませ。

ホームページ:https://www.eng.niigata-u.ac.jp/~g-dorm/
Facebook:https://www.facebook.com/gdorm.niigata/




2020年度 4月号 工学力教育センターメールマガジン

新潟大学工学部附属工学力教育センターメールマガジン 第 4 号( 2020年 4 月発行 )

新潟大学工学部附属工学力教育センターより、メールマガジン第4号お届けします。 今年度は出だし早々、新型コロナウィルスの影響で工学力教育センター開講科目(ものづくりプロジェクト、スマドミ、G-DORM)も 大きな影響を受けています。それでも特設のwebサイトを制作し、新規受講生を募集中です。 たくさんの新入生が興味を持って参加してくれることを期待しています。

・・・・・・・・・・ 【目 次】 ・・・・・・・・・・
[1] ものづくりプロジェクト2019年度の活動報告Webページを作成しました
[2] 寄附金申し込みが2件ありました
[3] ものづくりプロジェクトの新型コロナウィルスの影響について
[4] 令和元年度トップ・グラジュエイツ認定式が行われました
[5] G-DORM長期派遣学生の成果報告会を開催しました
[6] 田淵電機株式会社様の社内報にG-DORM参加学生の記事が紹介されました
[7] G-DORM国際運営委員会をオンラインで開催しました
[8] 今後の行事予定
[9] センターからのお知らせ

-----------------------------------------------------------------------------
[1]ものづくりプロジェクト2019年度の活動報告Webページを作成しました
-----------------------------------------------------------------------------
▲今年度はCANSAT PJが能代宇宙イベント缶サット競技フライバック部門で優勝、ロボコンPJが特別賞受賞、 学生フォーミュラPJが全種目完走など様々なトピックスがございました。以下から是非ご覧ください。

http://ecet.eng.niigata-u.ac.jp/monodukuri/project/2019.html

--------------------------------------------------------------------
[2]寄附金申し込みが2件ありました
---------------------------------------------------------------------
▲ものづくりプロジェクトに対して、県内企業から2件の寄附金申し込みがございました。
エヌ・エス・エス株式会社(小千谷市)
株式会社サクライ(新潟市)

工学力教育センターでは、引き続きご寄付頂ける企業様・個人様を募集しています。

--------------------------------------------------------------------
[3]ものづくりプロジェクトの新型コロナウィルスの影響について
--------------------------------------------------------------------
・種子島ロケットコンテスト 中止
・2020年度学生フォーミュラ大会 中止
・NHK学生ロボコン大会 8月頃に延期

-----------------------------------------------------------------
[4]令和元年度トップ・グラジュエイツ認定式が行われました
------------------------------------------------------------------
▲令和元年度3月23日(月)トップ・グラジュエイツの認定式が行なわれました。 今年度は、スマート・ドミトリーを受講した4名の学生が学業成績、語学力、研究活動に関する受賞要件を満たし認定を受けました。 来年度も数多くの学生がトップ・グラジュエイツ認定を目指して活動頂ければと思います。おめでとうございました。

============================================================
トップ・グラジュエイツの認定は、学部4年次終了時点での学業成績、語学力及び研究活動の実績を総合的に評価して行うものとし、 原則として次の条件を満たした者について行うものです。
(1) GPA3.5以上又は所属学科若しくはコースの成績上位10%以内
(2) TOEIC600点以上、国際会議での口頭発表若しくはポスター発表の実績があること、大学が認めた留学実績
(3) 学術論文、学会発表などの研究活動の実績があること

--------------------------------------------------------
[5]G-DORM長期派遣学生の成果報告会を開催しました
---------------------------------------------------------
▲3月18日,ハノイ工科大学(ベトナム)に6ヶ月間留学していた新潟大学の参加学生の成果報告会を開催しました。 同日の発表をもって,中止となった短期派遣を除き,計画していた2019年度の派遣・受入全てのプログラムの参加学生が最終成果発表を終え, 全員修了致しました。

------------------------------------------------------------------------------
[6]田淵電機株式会社様の社内報にG-DORM参加学生の記事が紹介されました
-------------------------------------------------------------------------------
▲ベトナムにてG-DORMの国際グループワークインターンシップを受入れてくださった、 田淵電機株式会社(http://www.zbr.co.jp/)さんの社内報にて、G-DORM の取組概要と,参加学生の声を紹介して頂きました。

-------------------------------------------------------------
[7]G-DORM国際運営委員会をオンラインで開催しました。
--------------------------------------------------------------
▲3月9日,連携5大学(王立プノンペン大学,ラオス国立大学,チュラロンコン大学,ハノイ工科大学,新潟大学)の教職員により, オンラインでG-DORM国際連携運営委員会を開催しました。現在も,同委員会の議論を踏まえ,2020年度の実施方針について,オンラインで調整を進めています。

----------------------------------------------
[8]今後の行事予定
----------------------------------------------
▲4月24日(金)ものづくりプロジェクト・スマートドミトリー 1次申込締切
▲4月28日(火、6限)18:00~スマドミ4月月例報告会をZoomミーティングにより開催します。
▲4月30日(木、6限)18:00~ものづくりプロジェクト第1回進捗状況報告会をZoomミーティングにより開催します。
▲5月8日(金)ものづくりプロジェクト・スマートドミトリー 2次申込締切

----------------------------------------------
[9]センターからのお知らせ
----------------------------------------------
▲工学力教育センター開講科目の新規受講生を募集しています
通常の募集ができなくなってしまった本年は、特設のwebサイトを制作し工学力教育センター開講科目の新規受講生を募集しています。
各取組のポスターやショートプレゼン等掲載されているので是非ご覧ください。また、興味のありそうな学生がおりましたら、ご周知いただければ幸いです。
(募集サイト)
http://ecet.eng.niigata-u.ac.jp/center/special/special_website_2020.html
(ポスター・ショートプレゼン)
http://ecet.eng.niigata-u.ac.jp/center/special/web_poster.html

▲G-DORMの活動報告等について
G-DORMでは,下記ホームページおよびFacebookを運用中です。ホームページでは,インターンシップ協力企業の紹介や,参加学生の声を紹介しています。 Facebookでは,活動写真を掲載しています。是非,これまでの活動状況等をご覧くださいませ。
(ホームページ)
https://www.eng.niigata-u.ac.jp/~g-dorm/
(Facebook)
https://www.facebook.com/gdorm.niigata/


2019年度 メールマガジン


2019年度 3月号 工学力教育センターメールマガジン

新潟大学工学部附属工学力教育センターメールマガジン 第 3 号( 2020年 3 月発行 )

新潟大学工学部附属工学力教育センターより、メールマガジン第3号お届けします。 前回のお知らせ以降、学生たちがさらにさまざまな場面で活躍してくれました。 2月15日にはセンターの一大行事である教育・学習成果発表会が開催され、無事終了しております。 今年度最後のメルマガをお楽しみください。来年度も引き続き、センターへのご協力をお願いいたします。

・・・・・・・・・・ 【目 次】 ・・・・・・・・・・
[1] ロボコンプロジェクトが1次ビデオ審査を通過しました
[2] 理科実験教材開発プロジェクトが「科学の祭典」に出展しました
[3] 2019年度 教育・学習成果発表会が行われました
[4] 工学力教育センター ニューズレターvol23号が完成しました
[5] スマートドミトリー人口湿地による廃水処理班、第9回サイエンス・インカレの書類審査を通過
[6] G-DORM中期派遣参加学生が帰国後に各企業本社で成果を報告しました
[7] G-DORM長期受入・派遣学生の成果報告会を開催しました
[8] G-DORMインターンシップ受入企業様との振返り意見交換会を開催しました
[9]  NIIGATA COC+ インターンシップ・地域活動フォーラムで発表しました
[10] 今後の行事予定
[11] センターからのお知らせ

--------------------------------------------------------------------------
[1]ロボコンプロジェクトが1次ビデオ審査を通過しました
--------------------------------------------------------------------------
▲工学力教育センター「ものづくりプロジェクト」で活動しているロボコンプロジェクトが、 2020年5月31日に東京都大田区総合体育館で行われる「NHK学生ロボコン2020」の1次ビデオ審査を突破しました。 4月下旬に行われる2次ビデオ審査を通過すれば、今年も本戦出場になります。
今年のテーマは「ROBO RUGBY(ロボ・ラグビー)」です。ロボット2台によるパス・トライ・キックが見どころです。 今後のロボコンプロジェクトの活動にご期待ください。

--------------------------------------------------------------------------
[2]理科実験教材開発プロジェクトが「科学の祭典」に出展しました
--------------------------------------------------------------------------
▲工学力教育センター「ものづくりプロジェクト」で活動している理科実験教材開発プロジェクトが、2月1日~2日にアオーレ長岡で行われた、 「科学の祭典 新潟県大会」に出展しました。テーマは、発熱・吸熱反応ということで、簡易的なカイロと冷却材を子どもたちに作ってもらいました。 当日は多くの子供たちに来場してもらい、科学の面白さに触れてもらうことができました。
https://www.niigata-u.ac.jp/news/2020/66849/

--------------------------------------------------------------------------
[3]2019年度 教育・学習成果発表会が行われました
--------------------------------------------------------------------------
▲工学力教育センターの各種取組の1年間の集大成の場である教育・学習成果発表会が、2月15日、工学部棟を会場に行われました。 100人力のメンバー・関係企業の方・教職員・学生、併せて180名以上が集まり盛大な会となりました。詳しくは、下記URLのHP記事をご覧ください。
http://ecet.eng.niigata-u.ac.jp/100_network/2019.html

--------------------------------------------------------------------------
[4]工学力教育センター ニューズレターvol23号が完成しました
--------------------------------------------------------------------------
▲工学力教育センターが毎年発行している「工学力教育センター ニューズレターvol23」が完成いたしました。 工学力教育センターの1年間の主たる活動が記録されています。是非ご覧ください。

--------------------------------------------------------------------------------------------
[5]スマートドミトリー人口湿地による廃水処理班、第9回サイエンス・インカレの書類審査を通過
--------------------------------------------------------------------------------------------
▲スマートドミトリー人口湿地による廃水処理班は、立命館大学びわこ・くさつキャンパスで実施予定の第9回サイエンス・インカレの書類審査を通過しました。 しかし、残念ながら昨今のコロナウイルス感染拡大予防のため大会が中止となってしまいました。

サイエンス・インカレ
全国の学部生等に、自由な発想に基づく自主研究を発表する場を設けることにより、その能力・研究意欲を高めるとともに、課題設定能力、課題探究能力、 プレゼンテーション能力等を備えた創造性豊かな科学技術人材を育成することを目的とした大会です。
https://science-i.mext.go.jp/

---------------------------------------------------------------------------
[6]G-DORM中期派遣参加学生が帰国後に各企業本社で成果を報告しました
----------------------------------------------------------------------------
▲12月11日にはラオス派遣の参加学生が株式会社ツノダ(https://www.tsunoda-japan.com/)さんを訪問し, 現地でのGWインターンシップの成果を報告しました。
▲12月17日にはベトナム派遣の参加学生が田中衡機工業所株式会社(http://www.tanaka-scale.co.jp/index.php)さんを訪問し, 現地でのGWインターンシップの成果を報告しました。
▲1月15日,今度はカンボジア派遣の参加学生が田中衡機工業所株式会社(http://www.tanaka-scale.co.jp/index.php)さんを訪問し, 現地でのGWインターンシップの成果を報告しました。

------------------------------------------------------------
[7]G-DORM長期受入・派遣学生の成果報告会を開催しました
------------------------------------------------------------
▲2月6日,チュラロンコン大学(タイ)から6ヶ月間、新潟大学に留学していた参加学生の成果報告会を開催しました。留学生は,所定の課程を修了し,帰国しました。
▲2月20日,ハノイ工科大学(ベトナム)から6ヶ月間,新潟大学に留学していた参加学生と,チュラロンコン大学(タイ)に留学していた新潟大学の参加学生の成果報告会を開催しました。 留学生は,所定の課程を修了し,帰国しました。

---------------------------------------------------------------------------
[8]G-DORMインターンシップ受入企業様との振返り意見交換会を開催しました
---------------------------------------------------------------------------
▲2月15日、工学部大会議室にてインターンシップ受入企業様との振返り意見交換会及び国際100人力ネットワーク会議を開催しました。
▲なお、同日午後は,工学力教育センター学習成果発表会でした。G-DORMの参加学生も口頭・ポスター発表に参加し,受入企業様を含め,広く成果発表を行いました。

-----------------------------------------------------------------------
[9]NIIGATA COC+ インターンシップ・地域活動フォーラムで発表しました
-----------------------------------------------------------------------
▲2月17日,NIIGATA COC+が主催して開催された「インターンシップ・地域活動フォーラム」の分科会2で,G-DORMの実践事例を発表しました。

----------------------------------------------
[10]今後の行事予定
----------------------------------------------
▲トップグラジュエイツ授与式(3月18日予定)

----------------------------------------------
[11]センターからのお知らせ
----------------------------------------------
▲DORMカンボジア短期派遣プログラム中止のお知らせ
2月26日~3月11日に実施予定だったG-DORMカンボジア短期派遣プログラムは,12月27日に事前学習を実施したものの, 新型コロナウイルスの感染リスク拡大とそれによる国内外の緊張の高まりを踏まえ,文部科学省とも相談した結果, 残念ながら中止となりましたのでお知らせします(写真は事前学習の様子です)。

【G-DORMの活動報告等について】
G-DORMでは,下記ホームページおよびFacebookを運用中です。ホームページでは,インターンシップ協力企業の紹介や,参加学生の声を紹介しています。 Facebookでは,活動写真を掲載しています。是非,これまでの活動状況等をご覧くださいませ。
(ホームページ)
https://www.eng.niigata-u.ac.jp/~g-dorm/
(Facebook)
https://www.facebook.com/gdorm.niigata/



2019年度 12月号 工学力教育センターメールマガジン

新潟大学工学部附属工学力教育センターメールマガジン 第 2 号( 2019年 12 月発行 )

工学部附属工学力教育センターより、メールマガジン第2号お届けします。師走となり、工学部教職員の皆様方も忙しく過ごされていることと思いますが、 しばしメルマガに目を移していただき、学生たちの活躍をご覧ください。

・・・・・・・・・・ 【目 次】 ・・・・・・・・・・
[1] 第17回ものづくり・アイディア展in富山に参加しました
[2] 工学部の学生がインターンシップ先で特許出願に貢献しました
[3] 新大広報にCANSAT プロジェクト所属学生のインタビュー記事が掲載されました
[4]  ロボコンプロジェクトが次年度大会の書類審査を通過しました
[5]  2回目のサツマイモ収穫祭を行いました ~下水汚泥灰からリンを回収する資源循環技術の開発~
[6] G-DORM中期プログラム参加学生の最終発表会を行いました
[7] G-DORMが新聞や広報誌にて紹介されました
[8]  新大産学交流フェスタ2019にてG-DORMのポスター展示を行いました
[9]  NIIGATA COC+ 地域活動・学生発表交流会でG-DORM参加学生が発表しました
[10] 今後の行事予定
[11] センターからのお知らせ

--------------------------------------------------------------------------
[1]第17回ものづくり・アイディア展in富山に参加しました
--------------------------------------------------------------------------
▲第17回ものづくり・アイディア展in富山が2019年11月30日(土)に開催されました。 このものづくり・アイディア展は 新潟大学、長崎大学、富山大学が各年毎に持ち回りで開催しており、今年は富山大学が開催校となり総合教育研究棟(工学系) にて発表が行なわれました。三大学から合計で28チームが出展し、 新潟大学工学部附属工学力教育センターからはものづくりプロジェクト及び スマート・ドミトリーを受講している学生達、 計11チーム23名が参加しました。発表に合わせて優秀チームに対する投票が行なわれ、 新潟大学からはものづくりプロジェクトを受講している 【CANSATプロジェクト】チームが全体で3番目に多い得票数を得て敢闘賞を受賞しました。 来年度は、長崎大学にて開催予定です。

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
[2]  工学部の学生がインターンシップ先で特許出願に貢献しました
----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
▲工学部2年大石恭徳君のインターンシップ先での実習成果が、実習先「(株)キッツ」の特許出願の一部に貢献することとなり、同社の担当者が挨拶に見えられました。
https://www.niigata-u.ac.jp/news/2019/64710/

センターでは同社より、ものづくりプロジェクトに対して資金援助をいただいています。
http://ecet.eng.niigata-u.ac.jp/monodukuri/top.html

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
[3] 新大広報にCANSAT プロジェクト所属学生のインタビュー記事が掲載されました
----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
▲工学力教育センター「ものづくりプロジェクト」にて活躍しているCANSATプロジェクトですが、昨年度のプロジェクトリーダーのインタビュー記事が、 今月発行の「新大広報」に掲載されています。活動の概要や学生の思いなどが語られています。是非ご覧ください!

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------
[4]  ロボコンプロジェクトが次年度大会の書類審査を通過しました。
----------------------------------------------------------------------------------------------------------------
▲「ものづくりプロジェクト」内で活動しているロボコンプロジェクトですが、11月末に行われた次年度大会の書類審査に通過しました。 1月末に行われる1次ビデオ審査、4月に行われる2次ビデオ審査に通過すれば、本大会出場が決定します。 今年度大会のルールはラグビーがモチーフになっています。ロボットの試作機も出来上がり、練習も始まりました。

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
[5]  2回目のサツマイモ収穫祭を行いました ~下水汚泥灰からリンを回収する資源循環技術の開発~
--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
▲10月19日、農学部の圃場で、汚泥灰から回収したリン系肥料で育てたサツマイモを収穫しました。 リン系肥料がない場合は生産量が大きく減ること、及び、回収リン系肥料は 市販のリン系肥料と同等な施肥効果があることが確認されました。 収穫後、 焼き芋をしましたが、回収リン系肥料を用いたものが最も美味しく感じられました。

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
[6] G-DORM中期プログラム参加学生の最終発表会を行いました
----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
▲10月31日には新潟受入とタイ派遣の参加学生の最終発表会が行われました。
▲11月1日にはカンボジア派遣とラオス派遣の参加学生の最終発表会が行われました。
▲12月3日にはベトナム派遣の参加学生の最終発表会が行われました。

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
[7] G-DORMが新聞や広報誌にて紹介されました
----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
▲10月7日付の日本水道新聞に、新潟市水道局さんと共に取り組んだG-DORMのインターンシップが「新潟市 事業改善へ学生提案」というタイトルで記事になりました。

▲10月29日付日経新聞Web版及び10月30日日経新聞朝刊に、「新潟大、メコン諸国との連携拡大 理工系人材育成で」のタイトルで記事が掲載されました。

▲11月1日付「広報つばめ」にて、公益社団法人つばめいとさんが取り組むつばめ産学協創スクエア事業が特集され、同事業と連携して実施している G-DORMの国際GWインターンシップも記事や写真が紹介されました。
http://www.city.tsubame.niigata.jp/about/0080021270.html

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
[8]  新大産学交流フェスタ2019にてG-DORMのポスター展示を行いました
---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
▲11月13日、新潟大学旭町キャンパスにて新大産学交流フェスタ2019が開催され、G-DORM事業もポスター展示に参加しました。
https://www.ircp.niigata-u.ac.jp/festa_2019

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
[9]  NIIGATA COC+ 地域活動・学生発表交流会でG-DORM参加学生が発表しました
----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
▲12月7日、新潟大学にてNIIGATA COC+が主宰する地域活動・学生発表交流会が開催され、G-DORMから、カンボジア、ラオス、タイ、 そして新潟の4地域の活動について5つの学生グループが発表しました。
【G-DORMの活動報告等について】
G-DORMでは,下記ホームページおよびFacebookを運用中です。ホームページでは,インターンシップ協力企業の紹介や,参加学生の声を紹介しています。 Facebookでは,活動写真を掲載しています。是非,これまでの活動状況等をご覧くださいませ。 (ホームページ)
https://www.eng.niigata-u.ac.jp/~g-dorm/
(Facebook)
https://www.facebook.com/gdorm.niigata/

---------------------------------------------------
[10] 今後の行事予定
----------------------------------------------------
●教育学習成果発表会(2月15日)

------------------------------------------------------------
[11] センターからのお知らせ
-------------------------------------------------------------
G-DORMの学生発表ポスターが新潟県庁で展示されます!
NIIGATA COC+が主宰する地域活動・学生発表交流会でG-DORM参加学生が発表したポスターは、 2020年1月8日(水)~1月27日(月)に、新潟県庁2階西回廊ギャラリーにて展示予定です。 ご関心ある方は、ぜひポスター展示をご覧にお越しください!



2019年度 10月号 工学力教育センターメールマガジン

新潟大学工学部附属工学力教育センターメールマガジン 第 1 号( 2019年 10 月発行 )

一時の猛暑がようやく落ち着き、秋らしく過ごしやすい気候となりました。皆様、いかがお過ごしでしょうか。
さて、このたび工学部附属工学力教育センターでは、日ごろの活動の成果を広く知っていただくためにメールマガジンを発行させていただくことといたしました。 センターでは学生が中心となって様々な活動を行い、学内外で素晴らしい成果を収めておりますが、 これまで活動実績や活躍をタイムリーにお伝えする機会がそう多くはありませんでした。 このメルマガが、少しでもセンターの活動を理解していただくきっかけになれば幸いです。
工学部附属工学力教育センターから,記念すべきメールマガジン第1号をお届けします。

・・・・・・・・・・ 【目 次】 ・・・・・・・・・・
[1] ロボコンプロジェクトがNHK学生ロボコン2019に出場し特別賞を受賞しました
[2]  オープンキャンパスで、工学力教育センターを紹介しました
[3] 能代宇宙イベント2019 缶サット競技に出場し、フライバック部門で優勝 ランバック部門で準優勝しました
[4] 学生フォーミュラプロジェクトが、第17回学生フォーミュラ大会日本大会に出場しました
[5] 国際学会 Asian Pacific Confederation of Chemical Engineering (APCChE)に参加しました
[6] G-Dorm来日学生が、スマドミ見学会を行いました
[7] 後期ガイダンスを行いました
[8] 10月度スマドミ報告会を行いました
[9]  G-DORM中期プログラムの参加留学生による新潟での最終発表会を行いました
[10] 今後の行事予定
[11] センターからのお知らせ

--------------------------------------------------------------------------
[1]NHK学生ロボコン2019に出場し特別賞を受賞しました
--------------------------------------------------------------------------
▲ロボコンプロジェクトが、5月26日に東京都大田区西蒲田片柳アリーナで行われた「NHK学生ロボコン2019」に出場し特別賞を受賞しました。 全国大会出場はこれで8回目、ここ5年連続出場の実績を残しています。今回は、手動制御可能なロボットと馬を模した4足歩行の自動制御ロボットを連携させ、 ゴールまでたどり着く速さを競う競技でした。
https://www.eng.niigata-u.ac.jp/news/jyusyou_2019.html#jyusyou_2

----------------------------------------------------------------------------------------
[2]  オープンキャンパスで、工学力教育センターを紹介しました
----------------------------------------------------------------------------------------
▲8月8日,9日の2日間にわたり,「オープンキャンパス2019」を開催しました。 工学力教育センターでは展示ブースを設け、高校生と保護者に向け、ものづくりプロジェクトとスマートドミトリーの紹介を行いました。

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
[3]能代宇宙イベント2019 缶サット競技に出場し、フライバック部門で優勝 ランバック部門で準優勝しました
---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
▲フライバック部門で優勝 ランバック部門で準優勝しました。 2019年8月15日~23日に秋田県能代市で行われた、アマチュアの宇宙イベントとしては国内最大級の「能代宇宙イベント」 缶サット競技において、 工学部附属工学力教育センター ものづくりプロジェクト内で活動している「CANSATプロジェクト (通称:Nics)」が、フライバック部門で優勝、 ランバック部門で準優勝しました。
https://www.eng.niigata-u.ac.jp/news/jyusyou_2019.html#jyusyou_7

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------
[4]学生フォーミュラプロジェクトが、第17回学生フォーミュラ大会日本大会に出場しました
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------
▲8月27日~31日に静岡県エコパスタジアムで行われた第17回学生フォーミュラ大会日本大会に出場しました。 全ての静的・動的審査に参加し、 完遂・完走したのは8年ぶりの快挙です。2人のドライバーで1周約1Kmのコースを20周走り切りました。
http://ecet.eng.niigata-u.ac.jp/news/top.html

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
[5]国際学会 Asian Pacific Confederation of Chemical Engineering (APCChE)に参加しました
----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
▲9月24~27日 札幌市で開催された、国際学会 Asian Pacific Confederation of Chemical Engineering (APCChE)で、 下水汚泥灰からリンを回収する資源循環技術の開発班の、材料科学3年 渡邊茉優さんがポスターセッションに参加しました。

---------------------------------------------------------------------
[6]G-Dorm来日学生が、スマドミ見学会を行いました。
---------------------------------------------------------------------
▲10月8~10日 スマート・ドミトリー実施8研究室を、G-DORM来日学生の皆さんが見学に訪れ英語で交流を深めました。

---------------------------------------------------------------------
[7]後期工学力教育センターガイダンスを行いました
---------------------------------------------------------------------
▲10月10日 後期工学力教育センターガイダンスで、ものづくりプロジェクト2班とスマート・ドミトリー8班がプレゼンテーションを実施しました。

-----------------------------------------------------------------
[8]10月度スマドミ報告会を英語で実施しました
-----------------------------------------------------------------
▲10月15日 G-DORM来日学生の皆さんを招き10月度スマドミ報告会を英語で実施しました。 これは、本年度のスマート・ドミトリー目標の一つである語学力の向上を目指している活動の一環です。

-------------------------------------------------------------------------------------------------------
[9]  G-DORM中期プログラムの参加留学生による新潟での最終発表会を行いました
-------------------------------------------------------------------------------------------------------
▲10月17日, G-DORM中期プログラムの参加留学生による新潟での最終発表会を行いました。 プログラム参加を通して学んだこと等について発表,質疑応答の後,学生達に参加証が授与されました。 中期受入に参加した留学生7名は,10月19日に無事母国に帰国しました。
https://www.facebook.com/pg/gdorm.niigata/photos/?tab=album&album_id=811968562553534

G-DORMの活動報告等について
G-DORMでは,下記ホームページおよびFacebookを運用中です。ホームページでは,インターンシップ協力企業の紹介や,参加学生の声を紹介しています。 Facebookでは,活動写真を掲載しています。是非,これまでの活動状況等をご覧くださいませ。
(ホームページ)
https://www.eng.niigata-u.ac.jp/~g-dorm/
(Facebook)
https://www.facebook.com/gdorm.niigata/

---------------------------------------
[10] 今後の行事予定
---------------------------------------
●G-DORM学生交流プログラム発表会(11月1日)
●ものづくりアイデア展in富山(11月30日)

---------------------------------------------------
[11]  センターからのお知らせ
----------------------------------------------------
① G-DORM学生交流プログラム発表会(ご協力のお願い)
以下の日時で,新潟でGWインターンシップを行った留学生と新大生のグループ,および中期派遣でタイ,カンボジア,ラオスに留学した新大生の英語での成果発表会を行います。 是非とも,ご出席,また学生への参加斡旋等のご協力を宜しくお願い申し上げます。

【新潟受入及びタイ派遣の成果発表会】
日時:10月31日(木)12:55~16:30
会場:工学部A棟2階 大会議室

【カンボジア及びラオス派遣の成果発表会】
日時:11月1日(金)11:55~14:00
会場:工学部207講義室

② G-DORMカンボジア短期派遣の参加募集開始(ご協力のお願い)
G-DORMでは,令和2年2月26日~3月11日のスケジュールで,カンボジアの王立プノンペン大学に短期派遣留学し, 現地学生と日系企業にてGWインターンシップを行う留学プログラムの実施を計画しています。募集人数は,理工系学部学生16名です。 また,3月下旬には,工学部マレーシア英語研修プログラムの実施も予定しており,両プログラムの募集説明会を以下のスケジュールで開催します。 是非とも学生達への参加促しを宜しくお願い致します。

【説明会スケジュール】
1回目:11月8日(金)11:55~,工学部207講義室
2回目:11月11日(月)11:55~,工学部207講義室
3回目:11月12日(火)16:25~,工学部206講義室
【応募締切】11月20日(水)正午まで